スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の手話:ろう者頭脳/聴者頭脳



ある日本語の単語があって、それを手話で表現するという時、どうするか。


言葉の意味が不明な場合、聴者は辞書なりですぐ意味を確認するが、ろう者はまずは自分の頭で意味を考えるという話。

聴者でも、不真面目な人はいちいち調べたりしないと思うなぁ。

ひげ兄貴さんの生徒さんたちは、「無償が当然」という手話の世界の空気の中で、敢えてお金払って手話学ぶ人たちですから、きっとマジメで優秀な方々なんだと思います。

※個人的には有償の手話教室は、聴覚障害者の職域拡大のために有効と思っています。いつまでも障害年金に頼っていてはいけない、いずれは無くなる制度だと思いますし。

手話が分かれば、通訳できるってもんじゃないという話を1つ。

以前、ろう協青年部の大会の分科会にでたときのこと。
講師が「若いろうの子たちは、手話の力がないから心配」といって
ある日本語単語を出して、それをどう表現するかコンテストをやった。

その結果、最も的確な表現をしたのは、ろう者ではなく、手話学習者の子。
その子はその日本語単語の意味をちゃんと把握していたので
手話の力がなくても、自分の手話ボキャブラリーを総動員して
的確に表現することができた。

通訳で大切なのは、母語の力ってことですね。


スポンサーサイト

テーマ : 手話
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

追伸

「この単語どう手話で表現するか」

日本語の意味を正確に伝えようとすると、字義に捉われて上手く表現できません。

その言葉が示すところの概念が、ろう者集団の中でどう捉えられているかを中心に考えると、わりとすぐに浮かんだりします。
Secret

クリックするとその国の手話がでてきます

国名を入力してください
広告
Twitter
世界の手話
アメリカ手話指文字
Alphabet inASL
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ゲームで手話を覚える
耳の聞こえない私が4カ国語しゃべれる理由
一番売れてる手話辞典
手話ドラマと言えば
リンク集
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
閲覧者総数
スーファミ