スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの手話:DPN運動を知ってますか?



DPN運動で学長に選出されたキング=ジョーダン氏(聴覚障害者)の演説。

DPNは Deaf President Now(今こそ、ろう者の学長を!)の略。


DPN運動とは何か?

アメリカのワシントンDCに、世界で唯一の聴覚障害者のための総合大学があります。

大学の名前はギャローデット大学。

ギャローデット大学
http://www.gallaudet.edu/

※世界ろうあ連盟の主要メンバーは殆どが、この大学の卒業生です。


DPN運動は、ろう者がアイデンティティに目覚める、大きなきっかけとなった出来事でした。

いまから20年ほど前の1988年、この大学で学長選挙がありました。

学生は「ろう者の大学には、ろう者の学長こそが相応しい」と訴えました。

しかし理事会は健聴者の学長を選出しました。

学生は大学を封鎖して、ろう者の学長を選抜するように理事会に主張しました。

CNNテレビでも討論会を行いました。

結果として理事会が大学の混乱を収めるために、学生の要求を受け入れ、ろう者の学長を選出しました。

DPN運動が起こった経緯や様子は以下のサイトや本に掲載されています。

DEAF PRESIDENT NOW - 15th ANNIVERSARY
http://pr.gallaudet.edu/dpn/

デフ・プレジデント・ナウ(ギャローデット出版)
Deaf President Now!: The 1988 Revolution at Gallaudet University



日本では東京で1991年に世界ろう者会議がありました。

日本で手話言語やろう文化に対する認知がはじまったのはこの頃からと言われていますが

きっと1988年に起ったDPN運動の熱が冷めずに日本にまで届いていたのでしょう。


昔このDPNのビデオを買って、英語の字幕を日本語に直して地元の若いろう者に見せたのですが、殆ど反応がありませんでした(^^;

アメリカでは聴覚障害者に対して、日本のような障害者年金や日常生活用具の助成制度が充実している訳ではありません。

その代わりにアメリカ障害者法によって法的に情報保障、コミュニケーション保障を徹底させています。

アメリカでは、聴覚障害者も健聴者も対等。

福祉に依存する気質がなく、独立心が強い。

だからこうした運動が起こるのでしょう。

日本のろう者は、つまるところ、シ・ア・ワ・セってことなんだろうなと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 手話
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : Deaf President now デフ 聴覚障害 指文字 手話の歌 手話サークル ろう学校 演劇

コメントの投稿

Secret

クリックするとその国の手話がでてきます

国名を入力してください
広告
Twitter
世界の手話
アメリカ手話指文字
Alphabet inASL
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ゲームで手話を覚える
耳の聞こえない私が4カ国語しゃべれる理由
一番売れてる手話辞典
手話ドラマと言えば
リンク集
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
閲覧者総数
スーファミ