スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の手話:月曜男さんのお話 『味覚の変化』



月曜男さんは、床屋さんだったんですね。

今朝のヤフーニュース。アメリカで目の前に好物を出されると、「早くたくさん食べたい!」という衝動を引き起こす脳内物質が急増するのが確認されたそうです。

これが過食や中毒治療の手がかりになるそうですが、月曜男さんがお医者さんから言われたように、よく噛んで食べればいい話ですよね(^^)

日本の会社の職場は、昼飯をダラダラ食べるのは悪いことのように思われていますよね。

私は子供のときから食べるのが遅いので、会社入ってからも苦労しています。

でも...ゆっくり食べたいですよね。だって食べるために働いてんだもん。


こんな詩を思い出しました。


人は食うために働く。

働くために食う。

なら忙しくて忙しくて、食べる暇もないというなら

一体なんのために働いているのだろう?

飯くらい、ゆっくり食わせろ!


お粗末でした。
スポンサーサイト

テーマ : 日本の手話
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

Secret

クリックするとその国の手話がでてきます

国名を入力してください
広告
Twitter
世界の手話
アメリカ手話指文字
Alphabet inASL
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ゲームで手話を覚える
耳の聞こえない私が4カ国語しゃべれる理由
一番売れてる手話辞典
手話ドラマと言えば
リンク集
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
閲覧者総数
スーファミ