スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の手話:”お金がなくて苦しい”の表現




あ、ちなみに「火の車」という言葉は、会社や団体、家の家計などの経済状況が苦しいときに使うかな...
個人の経済状況が苦しいときには、あまり使わないように思います。

個人の経済状況が苦しいときは、若い人なら

「ちょっと今金欠でさ」

とか

「次の給料まで○○円で生活しなくちゃいけなくてさ」

とか

「ちょっといま懐具合が...」

とか、言うかな。


この動画、「お金がなくて苦しい」には2つの表現があるというお話。

・いま手持ちの金はないが、家にはある→金+手のひらで胸をたたく

・手持ちの金も、家にもどこにも金がない→金+拳骨で胸をたたく

なるほど、参考になりました。


この寸劇、忘年会に誘われて参加費が1万ときいて断る、という話。



健聴者同士の場合、公的/私的とわず忘年会の参加を断る理由に「金がない」をあげることはまずないと思います。
たとえ本当に金がなくて参加できないにしても、「用事がある」などの、ほかの理由を挙げる。

もし「金がないから参加できない」なんていったら、信用はがた落ち。


じゃ、もし健聴者とろう者合同の忘年会だったら...

もし健聴者の側から、ろう者を誘った場合に「金がないから参加できない」と言われたら

健聴者としては「お金貸してもいいよ」というのがマナーかと思います。

「あ、そ」で受け流すのは友人としては失格。

「金がないから参加できない」という事自体、「お金を貸してくれ」と言っているのと同じ意味に受け取られてしまうのではないでしょうか?


では逆に、ろう者の側から、健聴者を誘った場合に「金がないから参加できない」と言われたら...

「あ、そう。残念ね」で受け流す人多いんじゃないかしら(^^)

異論ある人コメントください。





スポンサーサイト

テーマ : 日本の手話
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

Secret

クリックするとその国の手話がでてきます

国名を入力してください
広告
Twitter
世界の手話
アメリカ手話指文字
Alphabet inASL
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ゲームで手話を覚える
耳の聞こえない私が4カ国語しゃべれる理由
一番売れてる手話辞典
手話ドラマと言えば
リンク集
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
閲覧者総数
スーファミ