スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理人より:2011年イグノーベル賞 日本人開発のわさび火災報知器が化学賞受賞

イグノーベル賞は、一見ムダなようなユニークで独創的な研究に対して贈られる賞。

今年も9月29日、アメリカのハーバード大学で表彰式が行われました。



その中のお1人、滋賀医科大学の今井真氏の『ワサビアラーム』は、聴覚障害者にも役に立つことを考えて開発したそうです。

おそらく審査員には「わさび」を応用した、という所がウケたのでしょう。

動画の47分25秒すぎあたりから、今井氏の表彰式、プレゼンです。



今井さんのプレゼン内容(管理者訳)

私たちは災害時に、睡眠中の聴覚障害者をどうやって起こせばよいかを考えて参りました。

その答えは「わさびスプレー」でした(会場に笑い)

最適な濃度は、ワサビ成分が5から20ppmのワサビスプレー。

この賞は、実験の時わさびスプレーをかけられて涙を流しながら耐えてくれた被験者の皆さんにとって何よりのプレゼントです。

共同研究者の皆さんに感謝申し上げます。

次は、わさぴスプレーの持つ効能を最大限に発揮させる研究を行いたいと思っています。

例えば、靴の悪臭を消すことに応用するなど、です。

でもわさぴスプレーは寿司やラーメンには使いません。




...でも、ワサビでおこされたくないわ。



スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

Secret

クリックするとその国の手話がでてきます

国名を入力してください
広告
Twitter
世界の手話
アメリカ手話指文字
Alphabet inASL
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ゲームで手話を覚える
耳の聞こえない私が4カ国語しゃべれる理由
一番売れてる手話辞典
手話ドラマと言えば
リンク集
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
閲覧者総数
スーファミ