スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の手話:日本手話で話そう、ろう者の誇りを持とう

日本の手話:ひげ兄貴さんの手話動画




コテコテのろう者なのに、日本手話をみっともないものと思い、聴者のような手話を使うろう者に対して、ろう者の誇りを持っていこうよというメッセージ。

以下、私の意見です。

紋切り型的に「聴者のほうが、ろう者よりもレベルが高い」というような価値観には私も反対です。

人は自分が尊敬する人の真似をしようとするもの。

例えば知り合いに難聴者で優秀な人がいて、その人と同じようになりたいと思えば、コテコテのろう者であっても、自然に手話が難聴者的な手話に変わっていきます。

ここでクイズ。

自分の子供がろう児だった場合、どちらをロールモデルにしたいと聞かれたら、下の2人のうち、どちらを選びますか?

・ろう学校卒の某市のろう者団体会長。会長の立場を利用して、若いろうの女性に手をだすわ、会員の守秘義務は守らないわ、通訳者をホステス扱いすることで有名。コテコテの日本手話話者。

・普通学校卒の難聴協会の会長。おとなしくてまじめな人。責任感もあって、仕事もきちんとこなす。手話は難聴者的な手話、母語は日本語。

ほとんどの人は、難聴者の方を選ぶと思います。

逆に、難聴者の方がとんでもない人で、ろう者の方がまじめな人であれば、ろう者の方を選びます。

つまり
人は言語で選ぶんじゃないんです。
人間性で選ぶんです。

もし、そのろう者の人が「日本手話はみっともない」と考えているのなら、きっと上にあげたような、とんでもない先輩ろう者に出会ったのではないでしょうか?

日本手話を後世に残すには、人に尊敬されるような日本手話話者を増やしていかなくてはいけないと思います。日本手話もろう文化も大切ですが、それを主張するだけで、人として…な人では、逆効果だと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 手話
ジャンル : 福祉・ボランティア

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

難聴改善プログラム  「難聴を自宅で簡単に改善するプログラム」 南輪明希

難聴改善プログラムで自宅で簡単に難聴を改善する! 難聴を改善しストレスのない幸...

コメントの投稿

読んでなるほど、一理あると思いました。
でも、自身の親を見て感じたことですが、口話教育や時代の風潮で手話よりも日本語が上だという認識が間違いなくあります。
だから、日本語が苦手なことを卑下したり、日本語に長けたろう者を尊敬したりと。
それが心根に染み付いているからこそ、サークルへ通っていると聴者の変な手話を身につけたり、妙に声を出したりします。
でも時より見せる魅力的な手話の方が、私には好感を持てるのですが・・・。

それに、日本語に長けたろう者でも人間性に問題があったり、生理的に受け付けない人はバッサリ否定しています。
むしろそっちの評価の方がろう・聴・難聴に対してはっきりしています(笑)

個人への憧れや集団の魅力により、その言語パターンに近づいていくことは大いにあるでしょう。
でもやはり、自分の言語に誇りを持って欲しいし、またそういう社会であって欲しいと思います。

某コーダさんへ

某コーダさん、コメント拝見しました。

>それが心根に染み付いているからこそ、サークルへ通っていると聴者の変な手話を身につけたり、妙に声を出したりします。

私も、同じように感じてきました。

この低いセルフイメージが、ろう者世間の中で起こる様々な”すったもんだ”と大きく関係していると思っています。

ろうあ協会の役員の一部に、「オレは○○対策部長だ!理事だ」だの、やたらと肩書きを自慢して、威張っている人がいますが、あれも元を正せば自分に自信がないからなんだろうなぁ。

「自分に自信がないから、いばりたがる」というのは、ろう・聴関係なくあることですが。

>でも時より見せる魅力的な手話の方が、私には好感を持てるのですが・・・。

同感です。

>でもやはり、自分の言語に誇りを持って欲しいし、またそういう社会であって欲しいと思います。

わたしも「方言」と「日本語」に誇りをもたなきゃな。下手な横文字は、つかわんようにしよ。
Secret

クリックするとその国の手話がでてきます

国名を入力してください
広告
Twitter
世界の手話
アメリカ手話指文字
Alphabet inASL
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ゲームで手話を覚える
耳の聞こえない私が4カ国語しゃべれる理由
一番売れてる手話辞典
手話ドラマと言えば
リンク集
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
閲覧者総数
スーファミ