スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エジプトの手話:主の祈り



コメントいただいた、ようこさんから紹介いただきました。

お仕事でエジプトに行かれていたんですね。

この女の子は、ろう者なのかな?

主の祈り。内容は、こんな感じ。

天にまします我らの父よ、
願わくは、御名をあがめさせたまえ。
御国を来たらせたまえ。
御心の天になるごとく、地にもなさせたまえ。
われらの日用の糧を、今日も与えたまえ。
われらに罪を犯す者をわれらが赦すごとく、われらの罪をも赦したまえ。
われらを試みに会わせず、悪より救い出したまえ。
国と力と栄えとは、限りなく汝のものなればなり



昔スペインの修道僧は、神の名を声に出すのは冒涜だということで
身振りでお祈りをしていた、という話をきいたことがあります。

キリスト教界では、こうした手話の祈りも違和感ないのかもしれませんね。

最後に出てくる男の子が、悪ガキっぽくて可愛い(^^)
スポンサーサイト

テーマ : 手話
ジャンル : 福祉・ボランティア

ラトビアの手話:首都リガの繁華街で手話歌のフラッシュモブ





フラッシュモブって、日本語で言えば”ゲリラライブ”みたいなものなのかなと思ってたけどちょっと違うんだね。

フラッシュモブは、ネットで不特定多数の人を集めて、時間と場所をきめて短時間ってサッと何か目的を達成して、終わったらすぐ解散、っていうやつらしい。

都会ならいいけど、田舎でこれ突然やられたらちょっと怖い。

【PR】キヤノンの互換インクは大丈夫?

テーマ : 手話
ジャンル : 福祉・ボランティア

ラトビアの手話:手話歌。曲のタイトルは「翼と風」



学生のとき近所にラトビアから来た人が住んでました。二十歳くらいの女性。

その当時はまだソビエト連邦崩壊前でした。


わたし:「どこからきたの?」

ラトビアの子:「ラトビア」

わたし:「あぁ、あのソビエト連邦の?」

ラトビアの子:「いいえラトビアです。ソビエトじゃありません」




そのあとラトビアは第二次世界大戦前の1940年に、ソビエトに占領されていた事実を知りました。

いま思うと彼女なりの愛国心だったんだな。

日本も1904年の日露戦争に負けていたら、きっとラトビアと同じ運命をたどっていたのだろう。



たしかその子のお父さんがリガの大学の先生で、大学間交流で日本の大学に客員研究員としてきてました。

そのときから日本って、東ヨーロッパ諸国支援してたんだなと、いまさらながら驚いてます。


この曲は、ラトビアのろう者の文化を啓蒙するプロジェクトの一貫とのこと。

曲も映像もいまいちだけど、女の子が可愛いから、許せる。

[PR]iP4700のインク交換を動画で説明

テーマ : 手話
ジャンル : 福祉・ボランティア

日本の手話:愛情表現について



愛情表現ですか...手話を勉強している健聴者よりも、手話を教えるろうの人たちの方が、恋愛経験豊富だと思うのは私だけかしら?

昔学生の時、あるろうの女性と呑んでいたときのこと。


「健聴者は本音を言うときは、相手の目を見ずに、わざと視線をそらす人が多い」


という話をしたら

「信じられない」

とゆーてました。


そうなんだろうな。


逆に相手の目を見ながら、自分の赤裸々な気持ちを伝えるというのは、健聴者の私としてはかなり抵抗がある。

というか、一番いいのは、言わなくても伝わるのがいい。



親しく付き合ってきた健聴者が視線をそらしたら

ろう者のあなたが相手に何か悪いことをした事が原因であるかもしれませんが

そうでない時は

「あなたに対してまっすぐに向き合っている」

ということもある、ということを知って欲しい。


少なくても私はそう。


なかには「ろう文化では、視線をそむけるのは失礼だ」などと言う輩がいるが

健聴者は、ろう者ではありません。

自分に素直になれば、自文化が出てくるのは当然。

ま、すぐにそんなことを言う人とは付き合えませんが。

【PR】腰痛でもぐっすり眠れる トゥルースリーパー

テーマ : 日本の手話
ジャンル : 福祉・ボランティア

日本の手話:月曜男さんのお話 『味覚の変化』



月曜男さんは、床屋さんだったんですね。

今朝のヤフーニュース。アメリカで目の前に好物を出されると、「早くたくさん食べたい!」という衝動を引き起こす脳内物質が急増するのが確認されたそうです。

これが過食や中毒治療の手がかりになるそうですが、月曜男さんがお医者さんから言われたように、よく噛んで食べればいい話ですよね(^^)

日本の会社の職場は、昼飯をダラダラ食べるのは悪いことのように思われていますよね。

私は子供のときから食べるのが遅いので、会社入ってからも苦労しています。

でも...ゆっくり食べたいですよね。だって食べるために働いてんだもん。


こんな詩を思い出しました。


人は食うために働く。

働くために食う。

なら忙しくて忙しくて、食べる暇もないというなら

一体なんのために働いているのだろう?

飯くらい、ゆっくり食わせろ!


お粗末でした。

テーマ : 日本の手話
ジャンル : 福祉・ボランティア

クリックするとその国の手話がでてきます

国名を入力してください
広告
Twitter
世界の手話
アメリカ手話指文字
Alphabet inASL
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ゲームで手話を覚える
耳の聞こえない私が4カ国語しゃべれる理由
一番売れてる手話辞典
手話ドラマと言えば
リンク集
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
閲覧者総数
スーファミ